採用情報

Change/Challenge/Collaboration/Velocity  変化と挑戦を恐れず、持続的発展を実現する。

成長を実感できた瞬間
-私がここまで成長できたのは-

お客様先のIT戦略推進部門で
培ってきたノウハウ・知見が
今の私の大きな財産に
なっている

大久保 宏紀

インフラSE 2010年4月入社
経済学部 総合政策学科卒

これまでの主な仕事

入社1年目は、Wave PC Mateのサービスマネージメント担当として、お客様に寄り添い、ITインフラの課題解決を推進していく仕事を行いました。そして2年目からは、ITインフラの運用・管理の中でも重要度の高いID管理システムの運用・保守を経験し、後の大規模システムリプレイスに関わってきました。4年目からは、お客様先に常駐し、IT戦略をともに考え、推進していくIT部門の一員となって、お客様のビジネスを支えるという経験を約4年間続け、2017年4月に千駄ヶ谷本社に戻りました。現在はお客様先の海外子会社も巻き込む形での新たな認証基盤の策定業務を中心に活動しています。また、この経験で得られたノウハウ・知見を当社の他のお客様が抱える課題の解決に役立てていくためのコンサルティング業務にも携わっています

「大久保に聞くと話が早い」

Photoお客様先のIT戦略推進部門のメンバーとして培ってきた様々な人たちとの人脈形成が今の私の大きな財産になっていると実感しています。今でもIT部門から頼られ、私の見解に耳を傾けていただけるので、そのことはとても嬉しいですね。また当社の後輩たちからも、様々なお客様の問題解決のための助言を求められるようになり、それも自分にしかできない重要な仕事だと考えています。「大久保に聞くと話が早い」とよく言われるのですが、そんな立ち位置で仕事できることが私の喜びになっています。

文系でもあせることはない

イキイキと自分らしさを発揮できる会社を見つけたい。そんな想いから先輩社員や若手社員と触れ合う機会が多い会社に的を絞り、就職活動を進めました。当社に決めたのは、若手が活躍できる環境があるとの確信を得たからでした。文系でしたので、新入社員研修で初めてJAVAなどに触れました。本当にやっていけるのかという不安も少しありましたが、そんな時、「全くあせることはないんだよ」と先輩社員からの助言をいただけたので、その後は自分らしさを見い出す方向で頑張れたのではないかと思っています。

若手の発言を上司が聞いてくれる

考えたことや思いついたことを気軽に発言しても上司がきちんと耳を傾けてくれる。これが当社の良い点の1つだと思っています。今は自分も経験を積み、後輩の相談に乗る機会が増えてきていますが、彼らが何かを生み出すために必要だと思える助言は惜しみなくしていきたいと思っています。

Photo

エントリーはこちら

リクナビ2020 マイナビ2020